任意整理で良い結果を得るためのコツを解説いたします。
ざっくりポイント
  • 任意整理のメリットとして返済回数の増加や将来利息のカットなどがある
  • 任意整理や債務整理に詳しい弁護士・司法書士に相談する
  • なるべく早めに任意整理に向けて行動することが重要

目次

【Cross Talk 】より良い任意整理の結果を得るためのコツはあるの?

任意整理がどうなるかは、債権者との交渉次第だと聞きました。任意整理でより良い結果を出すためのコツがあれば教えてください。

任意整理でより良い結果を出すには、任意整理に向けて早めに動くことと、任意整理に詳しい弁護士などの専門家に相談することです。

早めに動くことと、任意整理に詳しい専門家に相談することが重要なんですね。任意整理の良い結果についても詳しく教えてください!

任意整理でより良い結果を獲得するためのポイントを解説

任意整理は裁判所で手続きをせずに、債権者と直接交渉することができるのが特徴です。
任意整理は債務整理の方法としては手軽な反面、どのような内容で任意整理に応じるかは債権者次第でもあります。そこで今回は、任意整理でより良い結果を獲得するためのコツについて解説いたします。

良い任意整理の結果とは?

知っておきたい借金(債務)整理のポイント
  • 任意整理は裁判所を介さずに自分で交渉できる
  • 分割回数の増加・将来利息や遅延損害金のカットなどが重要

任意整理を検討しているのですが、どんな場合に良い結果と言えるのでしょうか?

一般に良い結果と言えるのは、分割回数を増やして月々の返済額を小さくしたり、将来利息や遅延損害金をカットしてもらって返済の総額を減らすなどです。

任意整理とは

任意整理とは、借金の返済が困難になったり滞納したりしてしまった場合に、債権者と交渉して借金を返済しやすくする手続きです。
自己破産や個人再生は裁判所で手続きをしなければなりませんが、任意整理は裁判所を介さずに自分でできるのがメリットと言えます。

任意整理に応じるかは基本的に債権者次第ですが、もし債権者が任意整理に応じれば、一般に将来利息のカットなどが期待できます。

良い任意整理の結果とは

良い任意整理の結果とは、主に以下のような成果があることです。

・払いすぎた利息がある場合に、過払い金の返還や借金の減額ができた
・返済の分割回数を増やすことで、月々の返済額を減らすことができた
・将来利息のカットに応じてもらい、利息を気にせずに返済できるようになった
・遅延損害金をカットしてもらったので、返済の負担が軽くなった

いわゆる過払い金がある場合は、その分だけ返還や減額ができることが重要です。
次に、将来利息をカットして利息を多く払わなくても済むようにします。
最後に、これまでに溜まってしまった遅延損害金をカットすることができれば、返済の負担を軽くすることが可能です。

より良い任意整理の結果を得るためには

知っておきたい借金(債務)整理のポイント
  • 任意整理や債務整理に詳しい弁護士・司法書士に依頼すべき
  • できるだけ早めに任意整理に向けた行動をする

より良い任意整理の結果を獲得するにはどのようなことに注意すべきですか?

裁判のリスクを避けるためにも、できるだけ早めに任意整理に向けて行動しましょう。任意整理に詳しい弁護士・司法書士に相談することも重要です。

弁護士・司法書士に依頼する

任意整理をより良い結果にする可能性を高めるには、弁護士や司法書士に依頼する方法があります。
弁護士は司法試験に合格した法律の専門家であり、任意整理や裁判の代理人など、法律に関する様々な交渉や手続きを代理して行うことができます。

司法書士は司法書士試験に合格した専門家で、不動産登記の申請の代理や裁判所に提出する書類の作成など、主に法的な書類を作成するためのプロフェッショナルと言えるでしょう。
法律に詳しくない場合、どのように任意整理を始めれば良いか、そもそも任意整理がどのような手続きかがわからない場合が少なくありません。

弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することで、任意整理の手続きを適切に進めやすくなることが期待できます。

任意整理・債務整理に詳しい弁護士・司法書士に依頼する

任意整理をより良い結果にするには、任意整理や債務整理に詳しい弁護士・司法書士に相談することが重要です。
特に、弁護士は任意整理をするのに法的な制限はありませんが、司法書士の場合は、全ての司法書士が任意整理に対応できるわけではない点に注意しましょう。
任意整理に対応できるのは、司法書士の中でも、認定司法書士として認められた場合だけです。

認定司法書士の場合、債務整理に関連して以下の2点に対応することができます。

・個別の借金の金額が140万円以下の場合に、任意整理の交渉ができる
・借金について裁判になった場合に、簡易裁判所の管轄であれば代理人になれる

注意点として、上記以外の場合は認定司法書士では対応しきれない場合があります。

例えば、1社の消費者金融から借りた借金の金額が140万円を超える場合は、認定司法書士は交渉をすることが認められていません。
また、任意整理がこじれたなどで債権者に裁判を起こされて、管轄が簡易裁判所でない(地方裁判所等)場合は、司法書士は訴訟の代理人になることができません。
一方、弁護士の場合は借金の金額や裁判の管轄による制限がないので、様々なケースについて任意整理に対応することができます。

ただし、弁護士であればどの事務所に相談してもよいわけではありません。
弁護士にもそれぞれ得意分野があるので、任意整理についてより良い結果を得るには、任意整理や債務整理の経験・実績が豊富な弁護士事務所に相談することが重要です。

なるべく早く任意整理に向けた行動をする

任意整理のより良い結果を得るには、なるべく早く任意整理に向けて行動することが重要です。
何らの対策を取らずにぐずぐずしていると、借金の利息や遅延損害金などが膨らんで、借金の返済がさらに難しくなりがちです。
特に、任意整理をせずに借金を滞納したまま放置することには注意しましょう。

借金の滞納を続けると、債権者から裁判を起こされる可能性があります。
裁判を起こされてしまうと、基本的に裁判に出頭しなければならず、裁判に対応するための費用や手間がかかってしまいます。
弁護士に依頼するにしても、任意整理を依頼する場合に比べて、裁判に対応することを依頼する場合の方がより多くの費用がかかるのが一般的です。

仮に債権者が裁判で勝訴してしまうと、借金の元本の返済だけでなく、将来利息や遅延損害金についても返済しなければならない可能性があります。
また、裁判で勝訴した債権者は強制執行が可能になるので、給料や財産を差し押さえられて、強制的に処分されてしまう可能性もあるのです。

裁判を起こされた後でも、債権者と和解をして訴えを取り下げてもらえる可能性はあります。
しかし、裁判を起こさずに任意整理の交渉をした場合に比べると、不利な条件になってしまうことがあるので注意しましょう。
これらのリスクを防ぐには、裁判を起こされる前に早めに弁護士に相談し、任意整理に着手することが重要です。

まとめ

任意整理でより良い結果を得るためのコツは、なるべく早めに任意整理に向けて動くことと、任意整理や債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談することです。
一般に任意整理で良い結果と言えるのは、過払い金をきちんと回収し債務を減額できたり、返済回数を増やしつつ将来利息をカットできたりなどがあります。弁護士や司法書士ならどの事務所でも良いわけではなく、より良い結果を獲得しやすくするには、任意整理や債務整理の経験・実績が豊富な事務所に相談することが重要です。

この記事の監修者

弁護士 鈴木 奏子第二東京弁護士会
どんな些細なお悩みでもお気軽にご相談ください。ご依頼者様のお気持ちに寄り添いご満足いただけるよう問題解決に全力で取り組みます。