任意整理に成功する人と失敗する人の違いについて解説
ざっくりポイント
  • 任意整理の成功とは最後まで完済することである
  • 任意整理に失敗すると、基本的に債務整理のやり直しになる
  • 任意整理に成功するコツは、完済まで気を抜かずに家計を管理すること

目次

【Cross Talk 】任意整理に成功する人と失敗する人は何が違う?

任意整理を検討しているのですが、きちんとできるか心配です。任意整理に成功する人と失敗する人は、何が違うのでしょうか?

まず任意整理の成功とは、借金を最後まで完済できることだと言えるでしょう。任意整理に成功するには、家計のやりくりを正確に把握するなどのコツがあります。

借金を完済して初めて、任意整理に成功したと言えるんですね!任意整理に成功する人の行動についても教えてください!

任意整理に成功しやすいパターンと、失敗しがちなパターンを解説いたします

債権者と交渉して任意整理に応じてもらっても、借金を返済するのが難しくなって滞納してしまうなど、任意整理に失敗するパターンがあります。
一方で、任意整理に失敗することなく最後まで完済し、任意整理に成功するパターンもあるのです。

任意整理に失敗するパターンと成功するパターンでは、どのように違うのかを見ていきましょう。

任意整理の成功失敗について

知っておきたい借金(債務)整理のポイント
  • 最後まで完済することが、任意整理の成功だと言える
  • 任意整理に失敗すると、余計な費用や時間がかかりがち

債権者に任意整理に応じてもらいました。これでもう安心ですね!

任意整理に応じてもらうことは、あくまで始まりに過ぎません。借金を完済して初めて、任意整理に成功したと言えるでしょう。

最後まで完済するのが任意整理の成功

借金を最後まで完済することが、任意整理の成功であると言えます。
任意整理とは、借金の返済が難しくなった場合に貸金業者などの債権者と交渉し、将来分の利息をカットしつつ借金の返済期間を延長することで、月々の返済額を減らす手続きです。

任意整理によって月々の返済額を減らすことができれば、借金を無理なく返済しやすくなります。
任意整理に応じるかどうかは基本的に債権者の意思次第なので、任意整理に応じてもらった場合は、任意整理に成功したので安心だと思われるかもしれません。
しかし、任意整理に応じてもらったことは、あくまで任意整理の始まりに過ぎません。
任意整理によって借金を完済するまでには数年かかるのが一般的であり、最後まで借金を完済して初めて、任意整理に成功したと言えるのです。

任意整理に失敗するとどうなるか

任意整理に失敗すると、基本的に債務整理をやり直さなければならないので、一般に費用や時間がかかってしまいます。

任意整理の失敗には、主に以下の2つのパターンがあります。

・債権者が任意整理に応じてくれなかった
・任意整理に応じてもらったものの、計画通りに借金を返済できなくなってしまった

債権者が任意整理に応じなかった場合、そもそも任意整理自体を始められなかったので、自己破産や個人再生など、任意整理以外の方法を検討する必要性が高くなります。

任意整理に応じてもらったものの、収入の減少などが理由で再び借金を滞納してしまった場合は、債権者と再度交渉して、再び任意整理に応じてもらう方法もあります。
ただし、この場合も任意整理に応じるかどうかは債権者次第です。

任意整理の経験者から学ぶ成功する人失敗する人の特徴

知っておきたい借金(債務)整理のポイント
  • 家計のやりくりを把握すると、任意整理に成功しやすくなる
  • 不意の出費に備えて貯蓄をしておくと、任意整理に成功しやすい

任意整理に成功しやすい人の特徴はありますか?

任意整理に成功しやすい人は、完済するまで気を抜くことなく、家計のやりくりを把握できる人です。急な出費に備えて、なるべく貯蓄しておくことも重要ですね。

家計のやりくりを正確に把握する人は任意整理に成功する

家計のやりくりについて正確に把握しておけば、任意整理に成功しやすくなります。
家計を把握するためのポイントは、収入と支出の両方についてきちんと把握しておくことです。
入ってくるお金である収入について把握しているのは一般的ですが、支出についてもきちんと把握している人は、意外と少ないかもしれません。

収入が十分にあるし、任意整理にも応じてもらったから返済は問題ないだろうと思っていても、支出について把握しておかなかったことで、気づいたら任意整理の返済にあてるお金が足りなかった、というケースもあります。
任意整理を成功しやすくなるためには、まずは毎月どのような支出があるか、食費や遊興費など、支出の種類を知っておきましょう。

支出の種類を把握できたら、次は支出の種類ごとにどの程度の出費をしているかをチェックします。調べた結果、例えば食費の出費が多すぎるとわかったら、外食を控えるなど、支出を少なくするための工夫を検討しましょう。任意整理に成功しやすい人は上記のように、収入だけでなく支出についてもきちんと把握できる人です。

借金の返済にかかる金額をきちんと把握したうえで、毎月の収入で支払える範囲でのみ出費することを心がけましょう。

完済まで気を抜かずに家計の管理をする人は任意整理に成功する

借金を完済するまで気を抜かずに家計を管理する人は、任意整理に成功しやすくなります。
任意整理による返済を始めたばかりの頃は気持ちも引き締まっているので、家計の管理をしながらきちんと返済をするのもさほど困難ではないでしょう。

しかし、任意整理は数年かけて借金を返済していくのが一般的であり、その場合完済までには年月がかかるものです。
任意整理を始めてから年月が経過するうちに、当初は引き締まっていた気持ちも緩んできて、思わぬ落とし穴にはまってしまう危険性があります。
まだ借金を完済しないうちに、「少しくらいならいいだろう」とつい高価な買い物をして返済する余裕がなくなったり、「勝てばいいから」とギャンブルにお金を回してしまって、回収できなくなるなどです。

上記のような失敗パターンを防ぐには、借金を完済するまで気を抜くことなく、家計の管理を最後まで怠らないことが重要になります。
家計の管理と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、高価な買い物やギャンブルなど、自分から余計な出費をしないことが重要なポイントです。

余計な出費を増やさずに、任意整理を完済するその日まで、収入と支出のバランスを崩さずに続けられる人は、任意整理の完済に成功しやすくなります。

完済まで不意の出費に備える人は任意整理に成功する

完済までに発生する可能性がある不意の出費に対して、きちんと備えられる人は、任意整理に成功しやすくなります。任意整理を完済するまでには年月がかかるのが一般的であり、その間に思わぬ出費が発生する場合があります。

不意の出費の理由は様々ですが、例えば、家族の急病で治療費がかかったり、他人に怪我をさせて賠償しなければならなかったりなどです。
毎月の収入と出費の収支についてギリギリの範囲で返済してきたので、急に高額な出費が必要になったことで、任意整理の返済ができなくなるのが失敗パターンです。

上記のリスクを防ぐには、可能な範囲でなるべく貯金をすることを心がけましょう。
任意整理の返済だけで精一杯なので、とても貯金にまわす余裕などないと思われるかもしれません。
しかし、副業を始めて収入を増やしたり、スマートフォンなどの通信費をより安価なプランに見直したり、月額制のサブスクリプションの契約を解約するなど、工夫できる方法も様々です。

万が一の急な出費に備えて、自分でできることから始められる人が、任意整理に成功しやすい人です。

まとめ

債権者に任意整理に応じてもらったものの、借金を滞納して任意整理に失敗してしまうパターンがあります。任意整理に応じてもらうことは始まりであり、借金を完済したときが任意整理に成功したときと言えるでしょう。
任意整理に成功しやすい人の特徴として、完済まで気を抜かずに家計を管理したり、不意な出費に備えて貯蓄をしたりすることが挙げられます。
任意整理などの債務整理を成功させたい場合は、債務整理の経験が豊富な弁護士に相談し、適切なアドバイスを得ることをおすすめします。

この記事の監修者

弁護士 手柴 正行第二東京弁護士会 / 第二東京弁護士会 法教育委員会委員
ご依頼者さまが笑顔で毎日を過ごせるよう迅速かつ適切な事件処理を心がけています。