債務整理で保証人に与える影響・周囲に与える影響は?
ざっくりポイント
  • 債務整理では保証人に影響がある
  • 任意整理によれば保証人に影響を与えずに債務整理をすることができる可能性がある
  • 周囲に影響を与える可能性は非常に低い

目次

【Cross Talk 】債務整理で保証人に迷惑がかかる・周囲にも迷惑がかかる?

私は3社の消費者金融から借金をしているのですが、うち1社からの借り入れについて連帯保証人がついています。
返済ができなくなっていて債務整理を考えているのですが、保証人や周囲に影響を与えずになんとかできないものでしょうか。

任意整理を利用すれば保証人がついている債務に影響を与えないで債務整理をすることができます。
周囲に対する影響は法律上のものはありませんので安心しましょう。

債務整理をすると必ず保証人に迷惑をかけるわけではないし、周囲に影響するものでもない

借金の返済に困って債務整理をする場合に、保証人や周囲に迷惑をかけてしまう、というイメージを持っている人も多いでしょう。
保証というものがどのようなものかを知った上で、債務整理をするとどうするのかを知っていただき、任意整理であれば保証人には影響しないで債務整理ができる可能性があることを知りましょう。
また、保証人だけではなく周囲に影響を与えてしまう…と考えている方も多いのですが、特に法律上の影響はないことを知っておきましょう。

保証人と連帯保証人での違い

知っておきたい残業代請求のポイント
  • 保証人についての基本的な仕組みを知る
  • 保証人と連帯保証人の違いを知る

そもそも「保証人に迷惑をかける」という事の法律上の仕組みを知りたいです。

保証についての基本的な構造と、保証人・連帯保証人の違いを知っておきましょう。

まず、借り入れに保証人がついている場合の基本的な構造を知っておきましょう。

保証人とは?

保証人とは、主債務者の支払いが無かった場合に、代わりに払ってもらう人の事をいいます。
例えば借金をする際に、主債務者が返済できるかどうかの確証が持てない場合には、貸す側としては貸付ができません。

このような場合、借り入れをするために保証人を立てることで貸付を受けることができるようになります。
保証人が主債務者に代わって支払った場合には、保証人は一方的に損をしているので、主債務者に対して請求をすることができ、この権利のことを求償権と呼んでいます。

保証人と連帯保証人の違い

この保証人については、通常保証と連帯保証という二種類があるのでその分類を知っておきましょう。
通常保証とは、主債務者が支払えなくなった場合に代わりに払うという立場の保証人です。そのため、債権者が保証人に支払いを求めても、まず主債務者に請求をしてくださいと主張することができ(検索の抗弁)、さらに主債務者が支払えなくなったときにこちらに請求をしてくださいと主張することもできます(催告の抗弁)。
連帯保証とは、検索の抗弁と催告の抗弁がない保証人の事をいいます。

つまり、主債務者と同じ立場で支払うべきものが連帯保証人といえます。
消費者金融や商工ローンなどの会社からの貸付についての保証をする場合は連帯保証となりますので注意が必要です。
ただ、実際は主債務者が支払えなくなるまで連帯保証人に請求されることはありません。

債務整理をした場合の保証人への影響

知っておきたい残業代請求のポイント
  • 自己破産・個人再生では保証人に影響する
  • 任意整理では保証人がついている債務を対象から除くことができる

では債務整理をする場合には保証人には必ず影響するのでしょうか。

自己破産・個人再生の場合には影響しますが、任意整理の場合には対象から外すことも可能になります。

債務整理をする場合には保証人に影響するかどうかを確認しましょう。

個人再生での保証人への影響

個人再生をする際には保証人には影響するのでしょうか。
まず、保証人がついているのが住宅ローンで、住宅ローン特別条項を利用する場合には、住宅ローンは従来どおり支払っていくので、この場合は影響しません。
しかし、住宅ローン以外の債務に連帯保証人がついている場合(奨学金・商工ローン・小規模の消費者金融など)には、貸主は個人再生手続きに参加する必要があり、充分な返済を受けられないことから保証人に請求がいくことになります。

保証人が支払った場合には上述した通り求償権が主債務者である債務整理をした人に対して発生することになり、個人再生手続きに参加してもらう必要があります。
返済を肩代わりしてくれた保証人にだけ返済する行為は偏波弁済といって、手続ではやってはいけない事になっていますので注意をしましょう。

自己破産での保証人への影響

自己破産手続きをする際には保証人に影響するのでしょうか。
自己破産手続きはすべての債権者に対して返済を止めて手続きに参加してもらうことになります。
そのため、全ての保証人に影響します。

任意整理での保証人への影響

任意整理は債権者と個別に交渉をする手続きです。
そのため、保証人がついている債務については手続きから除外する、という事も可能になっています。
どうしても保証人に迷惑をかけたくない、というのであれば、保証人が付いている債務は従来どおり返済しつつ、その他の債務を任意整理する内容で、債務整理をすることが可能かを検討することになります。

債務整理が周囲に与える影響

知っておきたい残業代請求のポイント
  • 債務整理をしても親子・夫婦などに影響は与えない
  • 手続き次第では内緒にすることが難しい場合もあるので、話をして協力を仰ぐのがベスト

保証人との関係は理解できたのですが、債務整理によって周囲に影響を与えませんか?

債務整理で大きく影響を与えることはありません。
ただ内緒にしておくのが難しい場合もあるので、話せるのであれば事前に話しておいた方が良いです。

では、債務整理によって周囲に与える影響を検討しましょう。

夫婦

夫や妻が債務整理をして、その一方に影響を与えることがあるのでしょうか。
まず、信用情報については、家計が同一とはいえあくまで個々人で判断します。そのため夫が債務整理をしても妻が借り入れできなくなる、というような事はありません。
ただし、夫の家族カードを妻が使っているような場合には夫の債務整理によって妻がそのカードが使えなくなるといった影響があります。

また、債務整理によって信用情報に事故情報が登録されますので(ブラックリスト)、債務整理をした夫名義では住宅ローンを組む・自動車ローンを組むなどができなくなりますので、内緒にしていてもそういったところから夫婦の一方にはわかってしまうことが多いです。

また、自己破産をする際に、少額管財手続きになると、本人宛の郵送物が一度管財人におくられてからまとめて本人に直接送付されますので、同居の家族に内緒にすることは難しいといえます。
その他、職業(破産によって職業制限を受ける場合を除く。)や選挙権などに影響することはありません。

親子

親子についても同様で、親が債務整理をしたからといって子が借り入れができなくなるなどの影響はありません。

その他

自己破産や個人再生などで、官報という国が発行するものに名前が記載されることをもって周囲に知られてしまうのではないか?と心配される方もいらっしゃいますが、官報を見ている人自体がほぼ居ません。
ただ、自己破産をするなどして自宅の所有権を失ったような場合には引っ越しを余儀なくされますので、それをどう説明するかを検討する必要はります。

まとめ

このページでは、債務整理で保証人や周囲にどのような影響があるのかについてお伝えしました。
債務整理によって保証人に影響するのが原則ですが、任意整理で保証人がついている債務を除いても支払いができるのであれば、保証人に影響しないで債務整理をすることが可能です。
周囲への影響も基本的にはありませんが、内緒にしておくのが難しい場合があるので、誰に話しておく必要があるかを弁護士と相談しておくのが良いでしょう。

この記事の監修者

弁護士 玉田 誠一
弁護士 玉田 誠一第二東京弁護士会
良質な法的サービスを安心して受けられる。そうした当たり前を実現すべく日々全力を尽くしております。