名義貸しによって起こり得ることを知って被害にあったときの対応策を知ろう
ざっくりポイント
  • 名義貸しは、貸した相手が逃げてしまえば自分が借金を負う
  • 詐欺罪の幇助に問われる可能性がある
  • 返済をする義務がある。支払えない場合には債務整理を検討する

目次

【Cross Talk】名義貸しをしたら貸した相手が失踪した!?

友人がいわゆるブラックリストという状態になっていたようで、新たな借入ができなく、どうしても入りようなので、私の名義で消費者金融のカードを作ってあげたんです。そうしたら、枠一杯に借入をして、そのまま2回ほど返済したところで連絡が取れなくなって、支払いがないという連絡が来てるんです。どうしたらいいでしょうか。

名義貸しですね。残念ですが名義を貸した人にも支払い義務はありますので、どうしても支払えないのであれば債務整理を検討してみてください。

名義貸しによりあなたが債務者に?犯罪者に?

ブラックリストの状態になっていたり、与信を受けられるほどの収入がないなどして、借入ができない人のために、自分が消費者金融や銀行から借入をしてあげて、本人にカードを管理させるなどの名義貸しをした場合、本人が逃げてしまえばそのまま支払い義務が残りますし、場合によっては刑事事件に発展しかねない場合もあります。
支払いたくない…という気持ちで延滞していると自分がブラックリストになってしまいますので、残念ですが支払うようにして、支払いができない場合には債務整理を検討するようにしましょう。

名義貸しはとても危険

知っておきたい借金(債務)整理のポイント
  • 名義貸しによって、自分が債務を負うことになる・支払いをしなければブラックリストになる
  • 場合によって犯罪となってしまう、ということを知る

反省はしているのですが、名義貸しにはどのような危険があるのかいま一度教えてもらえませんか。

名義貸しによっては自分が債務を負うことはもちろん、延滞した場合には信用情報機関に登録され、また借りた本人が詐欺罪に問われるときには、その行為を容易にした点で幇助として処罰される可能性があります,

どうしても…と頼まれたなどして、他人が借入をするのに申し込みの名義貸しをしたような場合には、どのような法律関係になるのかを把握しておきましょう。

借りてもいない借金を負うことになる

名義貸しのケースでは、他人がお金を借りるのに協力した…というのが本音でしょうが、お金を貸している側から見れば名義を貸した人が借入をしてきたことに他なりません。

消費者金融・銀行などの貸金業者から借入をした場合には、貸金業者に自分の名義での申込書・自分の身分証明書を提出した以上、貸金業者としては名義人に請求をしてきます。

その時に、私は借入れをした者ではない!と主張しても、貸金業者側からすればそれを認識できません。
このようなケースでは、申込みを代わりに行った・身分証明書などを提供したなど、名義人に落ち度があるので、それを信用した貸主に対しては、名義人自身がお金を借りたわけではない、との主張は認められないことになっています。
そのため、名義人は借金の支払い義務から免れられないということを知りましょう。

いつの間にかブラックリストに

支払いをしなければ当然督促がきます。
「督促は来ているけど、私は名義を貸しただけで返済義務はないから…」と支払いに応じないで延滞するとどうなるのでしょうか。
この場合、法律上支払い義務は名義人にあるので、債務が履行されていない状態になります。

貸主が貸金業者である場合には、名義人に関する信用情報を処理することになり、その結果,名義人がいわゆるブラックリストに載ることになってしまうのです。

刑事事件に発展する可能性も

名義を借りた人は、相手から金銭を受け取っています。
例えば、その人自身がブラックリストになっている場合には、貸金業者からお金を借りることは不可能です。

しかし、名義を偽って借入れをして、実際,手元にお金を引き出した場合には、これは刑法の詐欺罪にあたる行為になります。
この、詐欺罪にあたる行為を、名義を貸すという行為によって容易にしていることから、その行為は詐欺罪の幇助になり得ます。
そのため、場合によっては逮捕され、刑事裁判で有罪となってしまうケースもあるのです。
以上のように、名義貸しは非常に危険な行為であることを認識しておきましょう。

名義貸しで被害を受けた時の対処法

知っておきたい借金(債務)整理のポイント
  • 法律上の建前は名義を借りた人に支払ってもらうことだが、現実には難しい
  • 支払いができない場合には債務整理をすることも検討をする

実際に私のケースではどのように対処すれば良いでしょうか。

名義を借りた人が特定でき,交渉できる場合にはその人に支払ってもらいますが、現実には難しいと思いますので、自分で支払うことになります。返済できない場合には債務整理をすることになります。

では、名義貸しで名義を借りた人が払えなくなった場合の対処法について知りましょう。

相手に借金を返済してもらうか自分で返済する

まず、法律上の建前からすれば、名義を貸した方は名義を借りた人に、きちんと支払いをしてもらうように請求する権利があります。
そのため、建前としては名義を貸した相手にお金を支払ってもらうというのが筋になります。

ただし、その者が支払いできなくなってしまっているような場合や、名義を借りた人がそもそも何者なのかわからない、失踪してしまっているような場合には、請求できません。
このような場合には、残念だとは思うのですが、自分で借金を支払わなければなりません。

弁護士に相談する

名義を借りた人が支払えない・失踪してしまったような場合に、弁護士を利用して少しでも名義を借りた人から回収しようとするのは現実的には費用倒れになる可能性があります。

支払えないという場合には、たとえば相手の給与の一部の差し押さえを行っていくことはできますが、仕事を辞めてしまったりしたような場合には差押えができません。

また失踪してしまったような場合には、住民票の移動歴をたどって相手に請求をしていくことが考えられますが、それも住民票の移動があったような場合にのみ請求できるのであって、現実の居場所がわかったとしても法律上の請求によって強制執行などができるとも限りませんし、そもそも支払いができない状態だからこそ失踪をするのであって、追跡したところで回収できる見込みは低いでしょう。

一方で、自分も支払える状態ではないのであれば、弁護士に相談をして債務整理をしてもらうことは有益です。
債務整理にもいろいろ種類があるのですが、どの手続きが合っているのかは、様々な事情から総合的に判断していくことになります。
債務整理の手続きの詳細については、「借金が返済できない!どうにかしたい!借金(債務)整理の手続4種類の特徴を教えて!」のページを参照してください。

まとめ

このページでは、名義貸しによってどのような法律関係になるか、どんな危険性があるのか、といったことについてお伝えしました。
現実に、名義を借りた人が支払っていないような場合には、自分は名義貸しをしただけですという主張をしても、支払い義務からは免れられません。
支払いが難しい場合でも債務整理をすることで、被害を軽減するようにしましょう。