Inheritance

相続を、争いやトラブルにさせない。
今しかできないことを一緒に考えませんか。

相続問題の予防は遺言書作成から。相続問題も弁護士にご相談を。

万が一の事態が起こったときに、自分の財産を「誰に?どれだけ?どのように?」託すかは、遺言書作成を中心に対策しましょう。また、相続が発生したら行うべきこともさまざまあります。いずれの場合も弁護士にご相談ください。

遺産の残し方、遺言書作成方法などを確認しましょう。

遺産の残し方は、ご自身の財産額や相続人の人数、家族状況などによってさまざまです。
まずは、遺言書の作成方法、流れなどを確認しておきましょう。

相続問題を「争続問題」にしないために

まずは相続の流れを理解しましょう。
そして、相続人全員で良く話し合うことが必要です。

遺言・相続を弁護士に相談する利点

法的に有効な遺言書作成ができます
ご自身のみで作成した遺言書は、無効になる場合があります。法的に有利な遺言書を作成します。
遺言書の内容を実現します(遺言執行)
遺言書作成だけでなく、相続が発生した場合に弁護士が遺言の執行者となって遺言書通りに執行することができます。
相続発生時に必要なアドバイスを行います
相続が発生した場合、相続放棄をするかどうか等の法的なアドバイスや手続きの代行をします。
「争族」の問題を解決します
遺産分割協議などで相続人の間で争いになった場合、法的に不利にならないようアドバイス、交渉をなど行い、解決を目指します。

ほんのちょっとの不安でもご遠慮なく

いろいろなきっかけから、たくさんの方にご相談いただいております。

娘から勧められて…

遺言書を作ったのですが大丈夫でしょうか?
Nさん(63歳)

両親が高齢で…

私たちも遺言書を作るほうが良いのでしょうか?
Aさんご兄弟(51

子や孫の為に…

そもそも法律用語が難しくて困ってます…
Tさん(58歳)

遺言・相続に関するよくある質問

法律相談のご予約方法 Counseling

 弊所では、弁護士へのご相談は、原則としてご来所いただいております(予約制)。
日程調整のため、まずはご連絡ください。

法律相談のご予約

0120-500-700

電話受付時間:平日 9:00~19:00

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日 9:00~19:00

相談予約フォーム Email Us

ご予約は24時間受け付けています。