遺言・相続に関して東京新宿法律事務所にて対応した事例をご紹介いたします。

遺言書の有無や遺産の残し方によっては、残された家族が思いがけない法律トラブルに発展することもあります。
法律の専門家として、遺産を受け取る家族がそれぞれ納得できる解決を導きます。

土地と建物の単独相続に成功したケース
お客様のお母様がお亡くなりになりました。推定相続人は、お客様、お兄様、妹様の3名でした。 相続財産は土地と預貯金でした。土地の上にはお兄様が建てた家屋が立っており、建物と土地には住宅ローンの抵当権がついていました。
自宅(土地と家屋)を円滑に遺産分割したケース
ご依頼者さまの父がお亡くなりになり相続が発生しました。相続人は、ご依頼者さま、母、兄、妹の4名で、主な相続財産は自宅(土地と家屋)と預金でした。
ご依頼者さまの意向に合わせて遺産分割調停を成立したケース
父の後妻から提示された遺産分割案に納得できない。ご依頼者さまの父は2つの会社を経営していましたが、お亡くなりになり相続が発生しました。
短期間で相続放棄を行ったケース
相続放棄の手続きを専門家に依頼して、迅速に行いたい。ご依頼者さまの父が亡くなり相続が発生しました。相続人は、ご依頼者さまと兄の2名でした。

遺言・相続に関するよくある質問

法律相談のご予約方法 Counseling

 弊所では、弁護士へのご相談は、原則としてご来所いただいております(予約制)。
日程調整のため、まずはご連絡ください。

法律相談のご予約

0120-500-700

電話受付時間:平日 9:00~19:00

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日 9:00~19:00

相談予約フォーム Email Us

ご予約は24時間受け付けています。