解決までの手続
Q労働審判はどういう手続ですか?
A

労働事件を迅速適正に解決することを目指す制度です。
労働審判手続は、裁判官1人と民間人2人から構成される労働審判委員会が主体となって審判を下す手続きです。
原則として、3回以内(最長3か月程度)で審理を終結することになっており、迅速な解決が可能です。
もっとも、審判に不服があれば異議を申し立てることができ、その場合、 通常の訴訟に移行することとなりますので、必ずしも終局的な解決が可能というわけではありません。

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。