自己破産の長所、短所をよく知った上で進めていく必要があります。

借金が免除され、返済する必要がなくなる方法として、自己破産があります。申立てた方の収入、借金の総額などを考慮し、裁判所が支払不能の状態にあると許可した場合、返済が免除される手続きになります。

ポイント

  • 返済不能の状態である場合、本人名義のすべての財産を手放すことで全ての借金が免除されます。
  • 弁護士が窓口になるので、取立てが止まる等の長所があります。
  • ただし、自己破産をすると一定の資格を必要とする職業に就けなくなるなどの短所もありますので、自己破産を申立てる前に短所も確認しておきましょう。

全ての借金が免除されますが、短所も確認しておく必要があります。

自己破産とは、裁判所の関与のもとで行う法的な借金の整理方法で、許可されれば借金は全て免除され借金を返済する必要がなくなります。ただし、原則として自宅など本人名義の全ての財産を処分する必要があります。 また、一時的に警備員や保険外交員、宅地建物取引士などの職業に就けなくなるなど資格制限されるものがあります。

長所
  • 取り立てが止まる(全て弁護士が窓口になります)
  • 借金が全て免除され、債務から解放される
短所
  • 一定の期間、資格制限(警備員、保険外交員、宅建士など)がある
  • 原則、全ての財産を処分する必要がある
  • 一部の債権者のみ除外することができない
  • 官報に2回ほど名前等が掲載される
  • ブラックリスト(信用情報機関)へ登録されるため、新たな借入が一定期間できなくなる

あわせて読む

借金問題に関するよくある質問

  • Q 債務整理全般 家族に内緒で債務整理ができますか?
  • A

    内緒で債務整理をすることができる場合があります。
    ただし、任意整理、自己破産、個人再生、どの手続で債務整理をする場合でも、やはり、ご家族に打ち明けたうえで、協力を得ながら債務整理を進めることを一番におすすめいたします。
    とはいえ、ご家庭によりさまざまな事情がおありかと思いますので、当事務所では可能な限り、秘密で手続が進められるようにご配慮させていただいております。
    例えば、法律事務所名の入っていない封筒で、差出人を弁護士名ではなく個人名で送らせていただいたり、そもそも郵便物すら自宅に送ってほしくない方には、郵便局留めでの郵送対応をとらせていただいたりしております。ただし、自己破産や個人再生の手続を選択される方で、家族と同居されていて家計を同じくされている方は、ご家族に関する書類が必要となり、場合によってはご家族に協力してもらう必要があるため、内緒での手続が困難なケースもございます。

  • Q 債務整理全般 借金の整理方法にはどんな方法がありますか?
  • Q 債務整理全般 勤務先に内緒で債務整理ができますか?

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。