解決までの流れをチェックし、早めに弁護士にご相談ください。

突然の交通事故に巻き込まれて被害者になってしまうと、治療費や今後の生活など色々と不安が出てきます。まずは事故発生から解決までの全体の流れを把握して、不安や疑問を解決しましょう。

Step 01
1.事故発生

まずは警察に通報をしましょう。小さな事故でケガや痛みがない場合でも、警察に通報することが大切です。また、事故現場で示談交渉を行うことは、その後のトラブルになりやすいので、注意しましょう。

Step 02
2.治療、通院

事故直後に痛みが無くても、必ず病院に行きましょう。特にむち打ちなど、後から症状が出る場合もあるので、交通事故との因果関係を証明するためにも必ず病院に行きましょう。
弁護士にご相談いただければ、後遺障害の等級認定や症状固定までの治療の進め方をアドバイスします。

Step 03
3.症状固定

症状固定とは、これ以上治療を続けても回復が見込めなくなった状況のことで、症状固定の判断は医師が行います。交通事故では、治療費が請求できるのは症状固定までとなります。そのため、加害者の保険会社から症状固定の催促が届く場合もありますが、安易に治療を止めず、医師と相談して症状固定を決めましょう。 弁護士にご相談いただければ、保険会社との交渉を代行しますので、治療に専念することができます。

Step 04
4.後遺障害等級認定の申請

症状固定後も痛みや痺れなどの後遺症が残っている場合があります。その際は、後遺障害の申請を行い等級認定を受けることで、損害賠償を請求できます。損害賠償には「後遺症による逸失利益」「後遺症慰謝料」があり、後遺障害の等級に合わせて変動します。そのため、後遺症の等級認定は大変重要です。 弁護士にご相談いただければ、適切な後遺障害の認定が行われるよう、資料や書類のチェックや申請手続きのサポートをします。

Step 05
5.示談交渉

症状固定や後遺障害の手続きが完了したら、加害者の保険会社と示談交渉を行います。示談が成立すると、後からやり直すことはできません。保険会社が提示する示談金額は、裁判所の基準よりも低い金額であることが多いため、交通事故の被害に対して適切な金額か判断が必要です。 弁護士にご相談いただければ、裁判所の判例に基づいた金額を基準に示談交渉を代行しますので、適切な示談金額で解決することが期待できます。

あわせて読む

交通事故に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。