現状の新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、現在新規のお客様には電話相談による法律相談を実施しております。
相談に行きたいけれど、新型コロナウイルスが不安で外出が困難な方はまずはお問い合わせください。
弁護士とリーガルスタッフ一同がサポートさせていただきます。

事故を起こした場合、性質が異なる3つの責任を負います。

交通事故の加害者が負う責任には、「民事責任」「行政責任」「刑事責任」の3つが発生します。3つの責任はそれぞれ独立しており、手続きも別々に行われます。

ポイント

  • 車事故による損害賠償額が大きい場合、加入している保険ではカバーできない可能性があります。
  • 交通事故の程度によって交通違反の点数が減点されたり、反則金が課されます。
  • 人身事故では刑事責任を負う場合がありますので、弁護士への相談をおすすめします。
民事上の責任

民事上の責任とは、事故によって損害を受けた人へ賠償を行う責任のことです。自賠責保険や任意保険に加入することで、損害賠償の費用を確保します。
損害賠償については、判例などから認められる項目や金額の基準がおおよその範囲で決められています。高額な賠償を請求された場合は、弁護士と相談して適切な賠償額を見極めましょう。

行政上の責任

行政上の責任とは、道路交通法によって運転者に違反点数が課せられ、運転免許の停止や取り消しなどの処分を受けることです。免許取り消しなどの処分は行政機関が行うもので、司法手続きを経て科される刑事上の責任とは異なります。

刑事上の責任

刑事上の責任とは、人身事故を起こすことで、過失運転致死傷罪などの刑事罰が問われることです。
事故のケースによっては、罰金刑や懲役刑などを課されてしまう可能性があり、刑事処分が決まると前科がついてしまいます。保険に加入しているだけでは、刑事責任への対応はできないため、状況によっては弁護士に相談することをおすすめします。

あわせて読む

交通事故に関するよくある質問

法律相談のご予約方法 Counseling

弊所ではご来所いただき、弁護士にご相談いただいております。
面談予約日程の調整のため、事務局よりご連絡させていただきますので、予めご了承ください。
なお、ご相談・ご質問以外の事業者様からのお問合せは、
[お電話:03-5339-0356] または [お問い合わせフォーム]へご連絡ください。

弁護士法人 東京新宿法律事務所(第二東京弁護士会所属)

新宿本店
〒163-0246
東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル46階

横浜支店
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2
TSプラザビルディング3階

大宮支店
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-23-2
大宮仲町センタービル7階

お問い合わせ先
0120-500-700
新規相談予約:24時間受付中
新規以外:平日 9:00~19:00

定休日:土日・祝日

弁護士・法律相談のご予約

0120-500-700

新規受付:24時間対応中

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

新規受付:24時間対応中
既にご相談をいただいている方のお問合せは平日9:00~19:00です

相談予約フォーム Email Us

フォームでの新規受付は24時間対応中