必ず負傷者の救護と警察への通報を行いましょう。

車を運転していれば、誰しもが交通事故の加害者になる可能性があります。交通事故の対応方法について、少しでも予備知識として知っておくと良いでしょう。慌てずにまずは負傷者を救助し、警察へ報告しましょう。

Step 01
負傷者の救護

交通事故を起こしてしまったら、まずは負傷者の救護を行います。そして二次被害を防ぐために「危険防止の措置」として、車のハザードランプの点滅や、発煙筒を使用し、後続車への注意を促します。これらの対応は道路交通法でも義務が定められていますので、必ず行ってください。

Step 02
警察への届出

事故直後の対応が終わったら、警察への事故の報告をします。これは人身事故・物損事故に関わらず、また立場が加害者・被害者どちらの場合でも届出を行います。特に加害者側には報告の義務があるので、警察へ届出を行うべきか判断を迷っても届出を行いましょう。

Step 03
事故状況の確認

警察へ届出を行うと実況見分が行われますので、事故の状況を正しく伝えましょう。実況見分や供述調書の内容によって、過失割合も決まりますので、後になってからもめないよう、その場できちんと状況を話しましょう。

Step 04
相手方の連絡先の確認

免許証や名刺などで相手方の連絡先を確認しましょう。後日、何があるか分かりませんので、必ず行いましょう。

Step 05
保険会社への事故報告

加入している保険会社へ事故報告を行い、その後の指示を仰ぎます。早めに報告を行い、今後の進め方を確認しましょう。
任意保険を契約していなかったり、今回の事故が保険適用外になってしまうと、示談交渉などの手続きをご自身で行う必要があります。その際はお早めに弁護士に相談することで、適切なアドバイスを受けることができます。

あわせて読む

交通事故に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。