法人破産のお悩み解決いたします。

法人破産では、「会社財産の保全」や「受任通知の発送」など、早急に対応しなければならないことが多数あります。その他さまざまな手続きも、弁護士が柔軟に御対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

ポイント

  • 受任通知の発送を行うと取り立てが止まり、債権者とのやり取りは弁護士が引き受けます。
  • 法人破産をしても基本的に再起業できます。

代表者が会社の連帯保証人になっている場合、保証人も同時に自己破産をする必要があります。

法人破産とは、会社の返済能力が追い付かなくなり裁判所に破産手続きの申請、破産管財人の選任から会社財産の保全、換金、配当と手続きを進めていきます。また、法人破産といっても今後一切再起業できないという決まりはございません。 しかし、代表者が会社の連帯保証人になっているような場合は代表者も自己破産が必要になるなど、専門的知識が必要となります。まずはお気軽にご相談ください。

長所
  • 債権者が訴訟によらずに貸倒処理できる
  • 資金繰り・督促からの解放される
  • 代表者個人も免責される
短所
  • 事業の継続ができない
  • 代表者自身の信用を失う

あわせて読む

企業法務に関するよくある質問

法律相談のご予約方法 Counseling

面談予約日程の調整のため、事務局よりご連絡させていただきますので、予めご了承ください。
なお、ご相談・ご質問以外の事業者様からのお問合せは、
[お電話:03-5339-0356] または [お問い合わせフォーム]へご連絡ください。

弁護士法人 東京新宿法律事務所(第二東京弁護士会所属)

新宿本店
〒163-0246
東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル46階

横浜支店
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2
TSプラザビルディング3階

大宮支店
〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-23-2
大宮仲町センタービル7階

お問い合わせ先
0120-500-700
新規相談予約:24時間受付中
新規以外:平日 9:00~19:00

定休日:土日・祝日

弁護士・法律相談のご予約

0120-500-700

新規受付:24時間対応中

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

新規受付:24時間対応中
既にご相談をいただいている方のお問合せは平日9:00~19:00です

相談予約フォーム Email Us

フォームでの新規受付は24時間対応中