示談交渉に困ったら弁護士に相談しましょう。

交通事故のケースによっては損害賠償額が高額になる可能性があり、自賠責保険だけではカバーできない場合もあります。保険でカバーできない損害は加害者自身で負担や対応を行う必要があります。

ポイント

  • 賠償額が多い場合、自賠責保険だけではカバーできない場合があります。
  • 被害者側にも事故に対する過失がある場合、当該過失の程度に応じて請求額が減額される場合あります。

賠償額によっては保険金でカバーできないこともあります。

人身・死亡事故は賠償額は、過去の判例などから金額の範囲がおおよそ決められていますが、状況によっては高額になることもあり、自賠責保険だけではカバーできない場合がありますので、任意保険にも加入しておきましょう。

被害者にも過失があれば、その割合によって賠償額が減額されます。

交通事故のでは、必ずしも加害者だけに過失があるとは限らず、被害者にも過失がある場合も少なくありません。例えば被害者側も急ブレーキをかけてしまったなど、加害者と被害者の両方に過失があったときは、双方の事故責任の割合(過失割合)を決めます。この割合に応じて賠償額が減額されます。

被害者への対応は慎重に行い、問題が発生しそうなときは弁護士に相談しましょう。

示談交渉は、事故の加害者と被害者の間で行います。示談代行付きの任意保険に加入している場合は、保険会社に示談交渉を代行してもらうことができます。ただ、保険会社だけに示談交渉を任せていて、交渉がこじれてしまった場合は、弁護士に示談交渉を依頼することをおすすめします。

あわせて読む

交通事故に関するよくある質問

法律相談のご予約方法 Counseling

 弊所では、弁護士へのご相談は、原則としてご来所いただいております(予約制)。
日程調整のため、まずはご連絡ください。

法律相談のご予約

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

相談予約フォーム Email Us

ご予約は24時間受け付けています。