事故を起こした場合、性質が異なる3つの責任を負います。

交通事故の加害者が負う責任には、「民事責任」「行政責任」「刑事責任」の3つが発生します。3つの責任はそれぞれ独立しており、手続きも別々に行われます。

ポイント

  • 車事故による損害賠償額が大きい場合、加入している保険ではカバーできない可能性があります。
  • 交通事故の程度によって交通違反の点数が減点されたり、反則金が課されます。
  • 人身事故では刑事責任を負う場合がありますので、弁護士への相談をおすすめします。
民事上の責任

民事上の責任とは、事故によって損害を受けた人へ賠償を行う責任のことです。自賠責保険や任意保険に加入することで、損害賠償の費用を確保します。
損害賠償については、判例などから認められる項目や金額の基準がおおよその範囲で決められています。高額な賠償を請求された場合は、弁護士と相談して適切な賠償額を見極めましょう。

行政上の責任

行政上の責任とは、道路交通法によって運転者に違反点数が課せられ、運転免許の停止や取り消しなどの処分を受けることです。免許取り消しなどの処分は行政機関が行うもので、司法手続きを経て科される刑事上の責任とは異なります。

刑事上の責任

刑事上の責任とは、人身事故を起こすことで、過失運転致死傷罪などの刑事罰が問われることです。
事故のケースによっては、罰金刑や懲役刑などを課されてしまう可能性があり、刑事処分が決まると前科がついてしまいます。保険に加入しているだけでは、刑事責任への対応はできないため、状況によっては弁護士に相談することをおすすめします。

あわせて読む

交通事故に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

今すぐ電話で相談する

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。