疑われていて、任意同行を求められたら弁護士に相談しましょう。

警察に任意同行を求められた場合の対応や弁護士に相談するタイミング等をご確認ください。警察から任意同行を求められた場合、弁護士に早めに相談ください。

ポイント

  • 警察の捜査は、逮捕される前から始まっています。
  • 任意同行を求められても拒否することは可能ですが、拒否した場合、逮捕されるおそれがあります。
  • 任意同行を求められたら、弁護士に相談し、具体的な対処法を検討しましょう。

捜査は、逮捕される前から始まっています。

捜査は、通報や被害届の提出、職務質問などにより犯罪があると捜査機関が考えた場合に始まります。
捜査では、被害者や参考人など関係者から話を聞くなどの証拠の収集や犯人の特定などを行います。

そして、捜査には大きく分けて2種類あります。1つ目は、本人等の同意を得てなされる任意捜査、2つ目は、本人等の同意がなくとも、令状に基づいてなされる強制捜査です。

任意同行を求められても拒否することは可能ですが、拒否した場合、逮捕されるおそれがあります。

警察から話を聞かせてほしいと、任意同行・出頭要請を受けることがあります。 「任意」との文字からも分かる通り、同行を拒否することや、同行したとしてもいつでも帰ることができ、また、警察署ではない別の場所で話をすることを求めることもできます。

ただし、任意同行を求められる段階では、容疑がある程度固まっており逮捕が近い場合があるため、同行を拒否すると逮捕に踏み切られる可能性があるので注意が必要です。

任意同行を求められたら、弁護士に相談し、具体的な対処法を検討しましょう。

逮捕されるかもしれない状態で自分一人で警察署などに出頭し、取り調べに応じるのはとても不安なことです。この際、任意同行まで時間が多少あるのであれば、弁護士に事前に相談し、対応を相談することをおすすめします。場合によっては、弁護士が同行することも可能です。

あわせて読む

刑事事件に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。