解決までの手続
Qどういう事件が労働審判の対象となるのですか?
A

個々の労働者と事業者との間の個別的な労働関係紛争が対象となります。
したがって、労働組合と事業者との間の集団的な労働関係紛争は、労働審判の対象とはなりませんし、また、労働者と事業者との間の紛争であっても、貸金返還請求などの労働とは無関係の紛争については対象になりません。
また、労働審判手続は労働事件を迅速に解決することを目指す制度ですから、事案がそれほど複雑でないもの、具体的には、単純な未払い残業代請求、不当解雇などが、対象として適当と考えられています。

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。