自己破産
Q自己破産にはどのくらいの期間がかかりますか?
A

破産手続をご依頼いただくと、すぐに裁判所に申し立てられるわけではありません。返済ができなくなった経緯、財産の状況、免責が下りた後生活再建が可能なのかを、準備期間に調査し、裁判所に報告する必要があります。そのため、準備期間中は、毎月の家計収支を作成し(及び見直し)、通帳の取引履歴、給与明細、公共料金の領収書等を収集し、提出していただく必要があります。
また、申し立てをしたからといって、すぐに手続が終わるわけではありません。裁判所が申し立てた書類を確認し、追加で必要なものがあればそれを用意し、追加で説明が必要なものがあればその説明をし、裁判所によっては裁判官と面接したりします。それらを踏まえて、手続に必要な目安の期間は次のとおりです。

1. 準備~申立まで⇒約3か月から6か月
2. 申立~免責許可確定まで⇒同時廃止の場合約3か月、管財手続の場合約3か月以上
3. 免責許可確定後信用情報機関掲載期間⇒約5年~7年

この質問に関連する質問

法律相談のご予約方法 Counseling

 弊所では、弁護士へのご相談は、原則としてご来所いただいております(予約制)。
日程調整のため、まずはご連絡ください。

法律相談のご予約

0120-500-700

電話受付時間:平日 9:00~19:00

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日 9:00~19:00

相談予約フォーム Email Us

ご予約は24時間受け付けています。