Labor

残業代請求、不当解雇、パワハラなど
不当な待遇で悩んでいませんか。

会社の不当な待遇・対応に対しては、毅然とした対応をしましょう。

サービス残業、残業代の未払いなどの残業問題、不当な解雇などさまざまな労働問題に対応するためには、専門家である弁護士のアドバイスが必要です。会社が不当な対応をする場合は、泣き寝入りせず、毅然とした態度で対応しましょう。

労働問題を弁護士に相談する利点

もらえなかった残業代を請求できます
「残業代の制度がない」、「営業手当てを出している」、「年棒制だから」と言われた場合であっても、残業代を請求することができます。
会社側の対応が大きく変わります
個人で会社側に残業代や慰謝料を請求しても、多くの場合、取り合ってもらえません。弁護士を通じて請求することで、会社側の対応は大きく変わります。
職場のハラスメントを解決します
職場でハラスメントを受けた場合、慰謝料請求が認められることがあります。どのような証拠が必要となり、また、効果的なのか法的アドバイスをします。

迅速な問題解決に努めています

解雇や給与の未払いは、日常生活に重大な影響を与える問題です。東京新宿法律事務所では、弁護士2名体制で対応することにより、迅速な問題解決に努めています。

会社が話し合いに
応じてくれるか心配だった …

会社の不当な対応に悩んでいたが、迅速に対応いただき、無事解決できました。
Kさん(28歳)

労働問題に関するよくある質問

  • Q 残業代 残業代はどの程度もらえるものなのですか?
  • A

    1.25倍以上です。
    労働基準法は、残業をした場合について、通常の1.25倍以上の賃金の支払いを義務付けています。 休日労働については1.35倍以上です。
    また、深夜労働(午後10時から午前5時までの労働)については、そもそも1.25倍以上の賃金が発生しますので、 残業と深夜労働が重なる場合には1.5倍以上、休日労働と深夜労働が重なる場合には1.6倍以上の賃金が発生します。
    なお、これらの計算の基礎となる賃金手当の範囲は、労働の対価と評価される部分に限られます。 つまり、家族手当や住宅手当のような、労働の内容や量と関係のないものについては除外して計算しなければならないので、 注意が必要です。

  • Q 残業代 残業代は誰にでも発生するのですか?
  • Q 残業代 どういう場合に残業代が発生するのですか?

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。