ケガ・傷害
相談者:Aさん
年齢
40代
性別
男性
立場
被害者

ご相談の背景

過失割合について保険会社との折り合いがつかなかった。

ご依頼者さまはバイクで走行中に、交差点で自動車と接触しそうになって転倒し、全治3カ月のケガを負われました。
当初はご依頼者さまが直接、相手方保険会社と交渉を進めていたのですが、特に過失割合について折り合いがつかず交渉が決裂してしまったため、東京新宿法律事務所にご相談いただきました。

解決までのポイント

事故を裁判所基準で調査し、過失割合を交渉。

過失割合について、ご依頼者さまと保険会社の間で大きな開きがあり、ご依頼者さまは「0(ご依頼者さま):100(相手方)」、相手方保険会社の主張は「30(ご依頼者さま):70(相手方)」を主張していました。そこで事故の内容について、裁判所基準(赤い本「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」)に基づき、過失割合の変動要因となる要素を一つずつ検証し、相手方保険会社と粘り強く交渉しました。

結果

過失割合「15(ご依頼者さま):85(相手方)」で合意する。

最終的には過失割合を「15(ご依頼者さま):85(相手方)」で合意することができました。

交通事故に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。