不貞行為
相談者:Bさん
年齢
30代
性別
女性
婚姻期間
7年
子ども
1人

ご相談の背景

夫が不貞行為を繰り返したため、離婚を決意される。

ご依頼者さまは、結婚生活7年目で夫との間には未成年の子どもが1人いました。半年ほど前に夫の不貞行為(浮気)が発覚し、夫も不貞行為を認め、今後は不貞行為の相手と会わないことを約束されました。しかし、その後も夫は不貞行為の相手の女性と会い続けていることが分かり、離婚を決意されて、東京新宿法律事務所にご相談いただきました。

解決までのポイント

不貞行為の慰謝料をどれだけ請求できるか。

ご依頼者さまは当面の生活資金となる額の慰謝料と養育費の支払いを希望されました。婚姻期間が7年ほどの事案では、慰謝料の額が低額にとどまっている傾向があるため、いかに慰謝料の請求金額を有利に進めるかがポイントになりました。
離婚の話し合いは調停まで進みました。調停では、夫の収入と財産状況から支払い可能額を算出し、慰謝料を請求しました。また、夫は早期の離婚を希望されていたことから、一定金額以上の慰謝料をお支払いいただけないのであれば離婚には応じない方針で交渉を進めました。

結果

約400万円の慰謝料の請求で離婚調停が成立する。

最終的には、約400万円の慰謝料と月5万円の養育費を夫が支払う内容で、離婚調停が成立しました。

離婚・親権に関するよくある質問

  • Q 離婚の手続き 離婚届にサインして相手に渡したのですが、離婚を回避できる方法はありますか?
  • A

    不受理申出をすることで、離婚を回避することができます。
    夫婦間では、喧嘩したときなどの勢いで、押印した離婚届を作成してしまうことはよくあります。 作成してから、何も取りきめていないことに気がつくのです。 こういった場合には、役所に対して、離婚届を受理しないように申出をしておくことができる制度(「離婚届不受理申出の制度」)を 利用することが可能です。
    この制度を利用すれば、夫婦の一方が離婚届を提出しても、受理されないため、離婚は成立しません。 ただし、相手方が離婚届を提出する前にこの手続きをする必要があります。いったん提出されてしまうと、調停手続や裁判手続で、 離婚が無効であることを主張しなければならなくなります。 以前は、この不受理届の有効期限は受理されてから6カ月でしたが、法改正により平成20年5月1日以降の申し出については期限がなくなったので、一度申し出をすると取り下げるまでずっと有効となります。

  • Q 離婚の手続き 夫が、勝手に離婚届を提出しました。どうすればよいですか?
  • Q 離婚の手続き 裁判をしないで離婚の話し合いがまとまりました。書類にした方が良いのでしょうか?

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。