不起訴処分
相談者:Aさん
年齢
30代
性別
男性
事件
恐喝未遂

ご相談の背景

恐喝未遂の嫌疑で任意での取り調べに応じるよう求められる。

ご依頼者さまは恐喝未遂の嫌疑をかけられ、警察から任意での取り調べに応じるよう求められました。警察署に弁護士が同行することを希望され、東京新宿法律事務所にご相談いただきました。

解決までのポイント

黙秘権などを説明し、ご依頼者さまとご家族の心理的負担を軽減した。

任意の取り調べを受けるに先立ち、黙秘権についてきちんと説明し、また不安に思われていることを解消してから警察署へ同行しました。ご依頼者さまは、警察署への任意出頭した後に逮捕勾留となりました。そのため、ご依頼者さまが取り調べによって正当な権利が侵害されるのを防ぐことと、ご依頼者さまのご家族にも状況や連絡事項を迅速に伝えることで、取り調べに伴う心理的な負担を軽減することに努めました。

結果

保釈が認められ、判決にも執行猶予が付いた。

裁判でも情状立証を行った結果、執行猶予が付いた判決になりました。

刑事事件に関するよくある質問

法律相談のご予約方法 Counseling

 弊所では、弁護士へのご相談は、原則としてご来所いただいております(予約制)。
日程調整のため、まずはご連絡ください。

法律相談のご予約

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

法律相談のご予約 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

相談予約フォーム Email Us

ご予約は24時間受け付けています。