知人の逮捕
相談者:Dさん
年齢
30代
性別
男性
事件
本人確認法違反

ご相談の背景

建造物侵入で逮捕され、知人の方より東京新宿法律事務所にご連絡をいただく。

ご依頼者さまはパチスロ店に体感器を持ち込んだとして、建造物侵入の被疑事実で逮捕されました。ご依頼者さまの知人の方よりご連絡をいただき、私選弁護人に選任されました。

解決までのポイント

身柄の早期解放のため、準抗告の申立てや意見書の提出する。

ご依頼者さまは逮捕に続き勾留されました。さらに勾留延長が認められました。ご依頼者さまは、起業準備等で忙しく早期の解放をご希望されました。
そこで、勾留延長決定に対して準抗告を申立てました。また、パチスロ店に出向き示談交渉を行いました。さらに勾留延長後の勾留期間満了の前に、担当検察官に意見書を送付し起訴猶予処分にするよう求めました。

結果

起訴猶予処分となる。

こうした努力が功を奏し、ご依頼者さまは勾留期間満期に起訴猶予になりました。

刑事事件に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。