早期釈放
相談者:Cさん
年齢
40代
性別
男性
事件
暴行事件

ご相談の背景

トラブルに巻き込まれ突然逮捕されてしまう。

ご依頼者さまは、道路を横断しているところにタクシーから執拗にクラクションを鳴らされたためにボンネットを叩きました。その後、タクシードライバーがボンネットを叩かれたことに腹を立て、ご依頼者さまを追いかけてきて掴みかかりました。ご依頼者さまがタクシードライバーを振り払い掴み返したところ、そのドライバーより「暴行だ」と警察に通報されてしまい、ご依頼者さまは暴行の被疑事実で逮捕されてしまいました。

解決までのポイント

早期釈放を実現するため、相手の話に耳を傾けながら示談交渉を進める。

ご依頼者さまは正当防衛とお考えでしたので、警察の取り調べに対して否認しており、否認したままで身柄拘束からの解放を希望されました。早期に身柄拘束から解かれるよう、ドライバーと示談交渉を進めました。ただ、ご依頼者さまは示談金として5万円までしか捻出できなかったため、交渉は難航することが予想されました。
話し合いを重ねるうちに、ドライバーが検察庁に行くことを嫌がっていることが分かりました。そこで、担当検事に連絡を取り、示談が成立すればドライバーは検察庁に行く必要がなくなることを確認し、ドライバーにその事実を伝えたうえで示談交渉を進めました。

結果

3万円で示談が成立し身柄が解放される。

ドライバーと交渉した結果、3万円の示談金で示談が成立しました。示談成立により、ご依頼者さまの身柄は解放され、起訴猶予となりました。

刑事事件に関するよくある質問

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。