お金の問題
相談者:Aさん
年齢
30代
性別
男性
婚姻期間
2年
子ども
1人

ご相談の背景

離婚を申し出ると、相手から高額な慰謝料を請求されてしまった。

ご依頼者さまは、性格の不一致が原因で妻に離婚を申し出ました。すると妻から不貞行為を疑われ、300万円の慰謝料を請求されてしいました。本人同士での話し合いが難航したため、東京新宿法律事務所にご相談いただきました。

解決までのポイント

離婚調停に進み、裁判所を通して粘り強く交渉を続ける。

奥さまが不合理な主張をしてきたこともあり、協議では離婚が成立せず、離婚調停を申立てられました。調停では慰謝料請求権の有無や、ご依頼者さま名義の自宅物件(土地は妻の母が所有)の財産分与方法が問題になりました。調停でも妻が不合理な要求を繰り返したため、長期に渡って平行線状態が続きました。奥様には裁判所を通じて粘り強く説得するとともに、ご依頼者さまには実際に起こり得る具体的なリスクを説明し、調整を繰り返しました。

結果

住宅ローンと養育費の支払いで離婚調停が成立する。

最終的には、住宅ローンの支払いと、月額6万円の養育費を支払う内容で、離婚調停が成立しました。当初の不合理な請求金額からはもちろんのこと、養育費も同様の事案と比べて低額に抑えることができました。

離婚・親権に関するよくある質問

  • Q 離婚の手続き 離婚届にサインして相手に渡したのですが、離婚を回避できる方法はありますか?
  • A

    不受理申出をすることで、離婚を回避することができます。
    夫婦間では、喧嘩したときなどの勢いで、押印した離婚届を作成してしまうことはよくあります。 作成してから、何も取りきめていないことに気がつくのです。 こういった場合には、役所に対して、離婚届を受理しないように申出をしておくことができる制度(「離婚届不受理申出の制度」)を 利用することが可能です。
    この制度を利用すれば、夫婦の一方が離婚届を提出しても、受理されないため、離婚は成立しません。 ただし、相手方が離婚届を提出する前にこの手続きをする必要があります。いったん提出されてしまうと、調停手続や裁判手続で、 離婚が無効であることを主張しなければならなくなります。 以前は、この不受理届の有効期限は受理されてから6カ月でしたが、法改正により平成20年5月1日以降の申し出については期限がなくなったので、一度申し出をすると取り下げるまでずっと有効となります。

  • Q 離婚の手続き 夫が、勝手に離婚届を提出しました。どうすればよいですか?
  • Q 離婚の手続き 裁判をしないで離婚の話し合いがまとまりました。書類にした方が良いのでしょうか?

法律問題について相談をする Counseling

法律に関するお悩みは人それぞれです。
ひとりで悩むまえに東京新宿法律事務所にご相談ください。

電話で相談・問合せする

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

お電話でのご相談 Call Us

0120-500-700

受付時間:平日・土曜 9:00~21:00

メールでのご相談 Email Us

24時間受け付けています。